LINEで送る

 ・日 付…2019年6月2日(日)
 ・場 所…瀬戸内海・宇治島
 ・ダイビングポイント
   1本目…ウミウシパラダイス
   2本目…
   3本目…
 ・ゲスト…1 名  ・ガイド…
・天 気…曇り
・気 温…23.0 ℃
・水 温…20.0~21.0 ℃
・透明度…5~6 m
・ 波 …なぎ~0.5 m
・潮 流…ややあり
・スタッフ…やまもと・もりもと

今年、初めての瀬戸内海でのウェットスーツダイビング

もちろん、海の状態が知りたくてスタッフだけで下見!

水温20℃前後

透明度5m以上

海藻の森の中をヌルっとダイビングして来ました!

準絶滅危惧種の「オノミチキサンゴ」も無事に冬を越していました。

昨年の夏は、中国地方を未曾有の豪雨が襲い

瀬戸内海も、沢山のー漂流物と土砂で濁り

透明度が50㎝も無いが続きました。

 

しかし、さすがに自然はすごい!!

宇治島も、例年ぐらいまで回復しました。

そして、昨年はほとんど見れなかったウミウシたちも

徐々に帰ってきています。

今回も、アオウミウシ・キンセンウミウシ・ヤマトウミウシ・キヌハダウミウシ・ゴマフビロートウミウシ

クロシタナシウミウシ・ヒラミルミドリガイなど、少しずつ見えています。